地産地消・木の家・自然素材のエコ住宅。
地元・栃木県の木材で木造住宅でつくる工務店。太陽熱・太陽光発電など自然エネルギー利用 で環境にやさしい家づくり
プロフィール

自然エネルギー利用の修ちゃん

Author:自然エネルギー利用の修ちゃん
栃木県の工務店木の城工房㈱代表。地球環境を守るために木造住宅を提案しています。地元・栃木県産の木材で地球温暖化防止のためにもCO2排出の少ない住まい造り。
自然を愛する登山家?修ちゃんです。
栃木県・日光市・那須塩原市・宇都宮市・大田原市・那須町・矢板市・さくら市・高根沢町・鹿沼市・那珂川町



カレンダー

09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もったいない
もったいない。昔は日常的に使われていた言葉。
最近では、ノーベル平和賞を受賞したケニアの環境副大臣のワンガリ・マータイさんが国連の「女性の地位委員会」閣僚級会合で日本語の「もったいない」を環境保護の合言葉として紹介し、会議の参加者とともに唱和したそうです。この方2月に来日した時、「もったいない」という言葉に感激したらしく世界にこの言葉を世界に広める!と公言して離日したそうです。
MOTTAINAI Tシャツまで作ってしまったそうです。

私の会社名・木の城工房株式会社の「木の城」は、もったいないをいい続けた住宅メーカー、木の城たいせつさんからいただいた(パクリともいう)。エコライフ研究所代表の中野氏のツアーで木の城たいせつさんの視察、2泊3日で出かけたときに木の城たいせつの山口社長の本「もったいない」と実際に山口社長の家づくりに対する姿勢、木を余すところなく使い切るもったいないの考え方に共感していただいたものなのです。「もったいない」環境を考えたときにこの「もったいない」の考え方こそ、基本になる考え方である。いい加減に使い捨て、過剰包装を見直すべきだし、ほんのちょっとのキズを不良品として扱う考え方を見直したらどうだろうか。

「もったいない」を意識した家づくり、生活を今以上に考えなければと思うこのごろ。環境と住む人にやさしい家づくりはこちらを参考に。
木の城工房HP
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

若い頃は使うのがちょっと恥ずかしいと考えていた言葉『もったいない』ですが、今世界が環境保護の合言葉にしょうと広がりを見せてる事は良いことだと思います。
物に愛着がわくと簡単に捨てるなんて出来ないと思いますねー。
びんぼう臭いと感じられると思いますが、先日約20年間使っている靴の修理をしました。ちょっと感動した事をブロブで紹介していますのでそちらの方もhttp://sekkeiya.cocolog-nifty.com/sumai/2005/12/post_5495.html
ご覧下さい。

【2006/03/31 09:14】 URL | 大木 実 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kaitekijyuutaku.blog23.fc2.com/tb.php/89-89196912
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます 【2007/06/21 10:56】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。