地産地消・木の家・自然素材のエコ住宅。
地元・栃木県の木材で木造住宅でつくる工務店。太陽熱・太陽光発電など自然エネルギー利用 で環境にやさしい家づくり
プロフィール

自然エネルギー利用の修ちゃん

Author:自然エネルギー利用の修ちゃん
栃木県の工務店木の城工房㈱代表。地球環境を守るために木造住宅を提案しています。地元・栃木県産の木材で地球温暖化防止のためにもCO2排出の少ない住まい造り。
自然を愛する登山家?修ちゃんです。
栃木県・日光市・那須塩原市・宇都宮市・大田原市・那須町・矢板市・さくら市・高根沢町・鹿沼市・那珂川町



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

快適な住環境は熱のコントロールが不可欠
住宅の温熱環境を快適に保つためには、住宅から逃げる熱と住宅に入る熱をコントロールしなければなりません。太陽の直射による輻射熱を夏は防ぐ工夫が必要となります。冬は、太陽の陽射しを取り入れる工夫で室内を暖めることが出来ます。そして快適さを保つために熱の伝導を考える必要があります。そのために必要なのが住宅の断熱と気密です。
住宅の気密と断熱は一体のもので断熱材だけを厚く施工しても昔の住宅で考えられなかった内部結露などの様々な住宅の欠陥を引き起こす原因になります。

夏の輻射熱夏の二階が熱いのは太陽の熱で暖められた屋根からの輻射熱で天井面の温度があがって室内の空気温度を上げてしまうこと、また、天井面が40℃にもなってしまう住宅もあり輻射熱で熱く感じてしまいます。

冬の輻射熱冬は夏とは逆に壁面が人体より温度が低くなり人体から壁の法へ熱が奪われて寒く感じます。これを冷輻射と呼びます。冷輻射も断熱不足が原因です。冷輻射を防ぐには24時間暖房が効果的で空気だけを暖める暖房でなく、壁・天井などを暖める輻射暖房が効果的です。
輻射暖房にすることで室温が20度でも快適に感じることが出来ます。
また結露の発生を抑えることも出来ますのでお奨めです。

北欧では、建物全体を暖房するのが当たり前となっていますし、結露する住宅は欠陥住宅として捕らえられているそうです。

結露の無い快適な住まい作りはこちらから
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kaitekijyuutaku.blog23.fc2.com/tb.php/82-c9387fb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。