地産地消・木の家・自然素材のエコ住宅。
地元・栃木県の木材で木造住宅でつくる工務店。太陽熱・太陽光発電など自然エネルギー利用 で環境にやさしい家づくり
プロフィール

自然エネルギー利用の修ちゃん

Author:自然エネルギー利用の修ちゃん
栃木県の工務店木の城工房㈱代表。地球環境を守るために木造住宅を提案しています。地元・栃木県産の木材で地球温暖化防止のためにもCO2排出の少ない住まい造り。
自然を愛する登山家?修ちゃんです。
栃木県・日光市・那須塩原市・宇都宮市・大田原市・那須町・矢板市・さくら市・高根沢町・鹿沼市・那珂川町



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレルギーの方、掃除の仕方大丈夫?
昨日に続きハウスダストの続きを福島県郡山市の大木実一級建築士事務所の大木さんのブログから。
いままでフローリングはダニが少ないと考えていたのでちょっと驚きでした。

ハウスダストとは その2
「NHK ためしてガッテン」2005年5月11日放送内容から、本日も続けてご紹介。

「恐怖のダニ実験」
人間がどのようにしてダニを吸い込んでいるか、畳に5000匹のダニを放し畳で繁殖させたのちに実験しました。2週間経過したところで空気の成分を調べた結果、ダニの死がいやふんが大量に漂っていることが判明。ダニは空中を死がいやふんが漂うことが最大の問題だったのです。
さらによく調べると、ダニの死がいやふんは床上30センチ以内のところに最も多く漂っていることが分かりました。(ベッドの場合は布団から30センチのところ)これによって、ハイハイしている赤ちゃんや、寝ている状態の全年齢の人達が、ダニを最も吸い込みやすい状態であるということも分かりました。人間は寝ているとき、頻繁に寝返りをうって、ダニの死がいやふんを舞いあげています。睡眠中ひと晩に100分間は、ダニの死がいやふんを吸い込んでいるということも分かりました。

この続きはこちらから

レルギー・シックハウスのない住まい作りのご相談は快適エコ住宅会員の設計事務所・工務店からどうぞ。こちらから。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

応援コメントありがとうございました。地道にコツコツと
頑張っていこうと思います。それから、会う機会があれば
是非、お会いしてお話しを聞かせてもらいたいです。
掃除の仕方を変えるだけど、全然変わるんですね。
すごく参考になります。
【2006/02/23 22:38】 URL | ぐっさん #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kaitekijyuutaku.blog23.fc2.com/tb.php/80-c2ceb7de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。