地産地消・木の家・自然素材のエコ住宅。
地元・栃木県の木材で木造住宅でつくる工務店。太陽熱・太陽光発電など自然エネルギー利用 で環境にやさしい家づくり
プロフィール

自然エネルギー利用の修ちゃん

Author:自然エネルギー利用の修ちゃん
栃木県の工務店木の城工房㈱代表。地球環境を守るために木造住宅を提案しています。地元・栃木県産の木材で地球温暖化防止のためにもCO2排出の少ない住まい造り。
自然を愛する登山家?修ちゃんです。
栃木県・日光市・那須塩原市・宇都宮市・大田原市・那須町・矢板市・さくら市・高根沢町・鹿沼市・那珂川町



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、気密化が必要か
自然換気ってどうなの?気密住宅って?

住宅を断熱する場合には、気密化も同時に行う必要があります。
断熱した居室内で暖房装置を運転した場合、室内の空気が膨張します。断熱だけが十分でも気密が不十分だと膨張し露気した空気に混じって室内の水蒸気が壁内に入り、繊維系断熱材の中に入り外気に冷やされて結露してしまいます。
住宅の空気質が悪くなると言う理由から気密化を嫌う業者もいますが、24時間の機械による計画換気が義務づけされています。
ホルムアルデヒドやVOC(揮発性有機化合物)を極力発散させない材料を使うことは元より、計画的な換気により食う気質の保全が必要です。気密住宅にした場合は、室内を一年中締め切って使用しなければならないという誤った概念を捨て、季節の良いときは遠慮する必要はありませんので窓を全開しても差しつかえありません。
暖房や冷房したいときに、気密が不十分だと熱ロスになりますし結露の原因になってしまいますということです。

自然換気は理想ですが、室内外の温度差が多いくなればなるほど自然換気量は増えてしまいます。夏場は室内外の温度差が少なく換気量はわずかで、冬の寒い時に換気量が増えてしまうのが自然換気なのです。
私も昔は自然換気派でしたがこのことを知り自分の間違いに気づきました。締め切りたいときにピッチリと隙間なく出来る家、そして開けたいときは解放できるの家が理想だと思いませんか。

快適な住まいづくりはこちら、快適エコ住宅研究会から。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kaitekijyuutaku.blog23.fc2.com/tb.php/72-b594ec22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

空気質---住宅なんでも辞典

空気質空気質(くうきしつ)は一般に建物内の空気の質を指し、IAQ (indoor air quality) とも呼ばれる。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL 住宅なんでも辞典【2007/02/13 23:20】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。