地産地消・木の家・自然素材のエコ住宅。
地元・栃木県の木材で木造住宅でつくる工務店。太陽熱・太陽光発電など自然エネルギー利用 で環境にやさしい家づくり
プロフィール

自然エネルギー利用の修ちゃん

Author:自然エネルギー利用の修ちゃん
栃木県の工務店木の城工房㈱代表。地球環境を守るために木造住宅を提案しています。地元・栃木県産の木材で地球温暖化防止のためにもCO2排出の少ない住まい造り。
自然を愛する登山家?修ちゃんです。
栃木県・日光市・那須塩原市・宇都宮市・大田原市・那須町・矢板市・さくら市・高根沢町・鹿沼市・那珂川町



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石川県、後悔しない家づくりの小冊子無料配布エリアに。
石川県金沢市・もっこう館。快適エコ住宅研究会入会。
新入会員さんのご紹介です。北陸で始めての会員さんです。

地元、石川県産材のこだわり工務店さんです。HPからちょっと拝借しました。

住まいの安心を支える構造・強度
頑丈な基礎、丈夫な構造材で、ご家族の暮らしを守ります。


見えないところに確かなつくり


■“適材適所”土台・柱すべて石川県産材(杉・能登ヒバ)
 近年、プレハブ住宅が大勢を占める中、あえてもっこう館が木の家造りにこだわるには理由があります。それは
 北陸の高温・多湿の気候にあわせた微妙な伸縮加減が可能な木材こそが、石川の気候風土に最適な素材だ
 と確信しているからです。高い耐久性と耐震性を根っこから支えるためにもっこう館の柱には、全て厳格な基準
 をクリアした石川県産材の乾燥材だけを使用しています。


■土台は能登ヒバ、柱は杉のオール4寸角
 もっこう館では全ての柱に4寸角の石川県産材を使用しています。住宅金融公庫基準(3.5寸)の1.2倍の
 大きさ。通常使用する柱よりもひとまわり大きい柱を使うことで耐久性を高め、お客様の大切な暮らしを末永く
 守ります。


もっこう館は、金沢市の支援制度<新木の家づくり奨励金>
(県産材柱50本以上使用)限度額25万円が適応されます。




続きはもっこう館・アトラス株式会社HPで。

石川県には以前努めていた会社で、公共工事のサッシュ検査で三協アルミの工場へ行った後に兼六園などによったことがあります。氷見で食べた魚が美味しかった(富山?)。片山津温泉の夜は楽しかったです。もう、20年以上前の話です。富山県・石川県の地名がいまいち記憶があいまいですいません。

木の家・自然素材のエコ住宅でエコライフをしたい方は、こちらから



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kaitekijyuutaku.blog23.fc2.com/tb.php/70-e49c2066
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。