地産地消・木の家・自然素材のエコ住宅。
地元・栃木県の木材で木造住宅でつくる工務店。太陽熱・太陽光発電など自然エネルギー利用 で環境にやさしい家づくり
プロフィール

自然エネルギー利用の修ちゃん

Author:自然エネルギー利用の修ちゃん
栃木県の工務店木の城工房㈱代表。地球環境を守るために木造住宅を提案しています。地元・栃木県産の木材で地球温暖化防止のためにもCO2排出の少ない住まい造り。
自然を愛する登山家?修ちゃんです。
栃木県・日光市・那須塩原市・宇都宮市・大田原市・那須町・矢板市・さくら市・高根沢町・鹿沼市・那珂川町



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珪藻土・自然素材100パーセントのサメジマコポレーション来訪。
珪藻土


ラジオなどでCMも流れている珪藻土・自然素材100㌫の株式会社サメジマコーポレーションの山下氏が快適エコ住宅研究会を訪ねてくれた。
快適エコ住宅研究会のHPを見て、自然素材にこだわっているのを知り今日の来訪。
はるばる栃木の片田舎、自然豊かな塩谷町まで来てくれたことに感謝。

写真は、珪藻土の箱と調湿作用の無い素材の箱に熱湯を入れたコップを居れ湿度、温度を測定している様子。
珪藻土の箱は、概ね湿度50㌫(実験前は30%)で推移、他方は湿度80㌫~85%程度とかなりの差が出ています。
調湿作用を解り易く見せる実験でした。
その後珪藻土の塗り見本をバーナーで焼く実験をしたが、無臭。一方他社の樹脂で硬化させる方は煙が出て臭いも出る。やはり、でんぷん糊で固まる自然素材の珪藻土は火災時も安心。

珪藻土にもいろんな商品が出ています。珪藻土とは名ばかりの商品もあります。自然素材という言葉にごまかされずに成分にも注意して選択しましょう。

自然素材での住まい作りは快適エコ住宅研究会から。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kaitekijyuutaku.blog23.fc2.com/tb.php/68-d073c2fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。