地産地消・木の家・自然素材のエコ住宅。
地元・栃木県の木材で木造住宅でつくる工務店。太陽熱・太陽光発電など自然エネルギー利用 で環境にやさしい家づくり
プロフィール

自然エネルギー利用の修ちゃん

Author:自然エネルギー利用の修ちゃん
栃木県の工務店木の城工房㈱代表。地球環境を守るために木造住宅を提案しています。地元・栃木県産の木材で地球温暖化防止のためにもCO2排出の少ない住まい造り。
自然を愛する登山家?修ちゃんです。
栃木県・日光市・那須塩原市・宇都宮市・大田原市・那須町・矢板市・さくら市・高根沢町・鹿沼市・那珂川町



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体感温度・周辺温度に左右される。
体感温度とは周りの温度が体温よりも低ければ、人体と空気の間に温度の差が生じるので,対流による熱の発散が行われます。空気温度が低いときには、周りの壁や床の表面温度も低くなるので、輻射による熱の発散も行われ、実際温度よりも低く感じます。これが、冬の寒さです。逆に周りの空気温度が体温に近くなると,人体との温度差が小さくなり対流や輻射による熱の発散が十分に行われなくなりますが、今度は汗などの発汗による潜熱の発散で体温調整を行います。周囲の湿度が高いと発汗による蒸発が十分行われなくなり、不快な気持ちになります。これが夏の蒸し暑さです。冬季に周囲が寒くても焚き火をすると直接火の暖かさが感じられるのは、直射熱(顕熱)が空気の冷たさに関係なく光のように移動してくるからです。太陽光の暖かさは代表的な顕熱です。

このように体感温度は、周囲の壁などからの輻射熱や湿度環境によっても大きく変わります。潜熱と顕熱で感じられる夏の体感温度は、おおよその目安として不快指数で表現することが出来ます。



快適な住まいは熱伝導率の小さい素材・木、無垢の床材で自然塗装で実現しましょう。木の家・自然素材での家づくりは快適エコ住宅研究会会員へ
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kaitekijyuutaku.blog23.fc2.com/tb.php/67-5f242b77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。