地産地消・木の家・自然素材のエコ住宅。
地元・栃木県の木材で木造住宅でつくる工務店。太陽熱・太陽光発電など自然エネルギー利用 で環境にやさしい家づくり
プロフィール

自然エネルギー利用の修ちゃん

Author:自然エネルギー利用の修ちゃん
栃木県の工務店木の城工房㈱代表。地球環境を守るために木造住宅を提案しています。地元・栃木県産の木材で地球温暖化防止のためにもCO2排出の少ない住まい造り。
自然を愛する登山家?修ちゃんです。
栃木県・日光市・那須塩原市・宇都宮市・大田原市・那須町・矢板市・さくら市・高根沢町・鹿沼市・那珂川町



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森のような家に住む
地元の木を使って、昔ながらの工法で家をつくる。

20年以上前に杉山(広くはない)を購入。昨年より自宅を建築中です。
4年ほど前に山が県道の建設地にそっくりかかり手放すことになった。
現在の土地は代替地として町の土地を購入。
立ち木は伐採して製材することにした。父が棟梁なので父がそれぞれの木から柱・梁などを製材。
天然乾燥させた材料と少しづつためていた板材などで昔ながらの家づくりを始めた。
昔ながらの家づくりに快適性を組み合わせているが柱・梁も表し吹き抜けもある。
いままで輸入材を当たり前に使って家づくりをしていたが地元の山の木で家をつくる取り組みは結構全国で広がってきている
。地元の山の木で家造りをすることは山を守り川や海を豊かにし環境を守り地元の産業を支えることにもなる。
木の家で暮らすと心がなごむ。
木目を見ていると人は癒される効果があることを実感できる。

全国に手入れされずに荒れた山がたくさんある。
戦後植林された山も伐期をむかえている。地産地消の家づくりをすることであなたも癒されて見ては・・・・。

木の家・自然素材の家づくりは快適エコ住宅研究会会員へ(こちらから
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kaitekijyuutaku.blog23.fc2.com/tb.php/60-8f77138e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。