地産地消・木の家・自然素材のエコ住宅。
地元・栃木県の木材で木造住宅でつくる工務店。太陽熱・太陽光発電など自然エネルギー利用 で環境にやさしい家づくり
プロフィール

自然エネルギー利用の修ちゃん

Author:自然エネルギー利用の修ちゃん
栃木県の工務店木の城工房㈱代表。地球環境を守るために木造住宅を提案しています。地元・栃木県産の木材で地球温暖化防止のためにもCO2排出の少ない住まい造り。
自然を愛する登山家?修ちゃんです。
栃木県・日光市・那須塩原市・宇都宮市・大田原市・那須町・矢板市・さくら市・高根沢町・鹿沼市・那珂川町



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断熱エコ改修後の室温報告10月31日朝。
温度計

10月31日am6:23 小雨 エコ断熱改修した快適エコ住宅研究会の温湿度報告。
外気10℃・湿度90%。室内温度18℃・湿度60㌫。・天井面17.5℃・壁面17.5℃~18.5℃・床面18.5℃、アルミサッシ枠14.5℃(ペアガラス面15.5℃)、木製サッシ枠16℃(トリプルガラス面16℃)となっている。

床面の温度が一番高い。やはりコンクリートの蓄熱効果が聞いているようだ。
我が事務所のエコ断熱改修について詳しく説明しておきます。二階建ての一階南側のガレージだった部分を事務所に改修。1F外壁南面は前面改修、東面はグラスウール10K・100mmを追加。西面外部サイデイング張り、断熱遮熱シート、グラスウール10K・100mmを追加。北面は既存無断熱の部屋に接続、天井は仕上げのみの改修でやはり無断熱の
2Fに接続、床既存土間コンクリートの上にミラーフォーム3種50㍉を敷きコンクリート厚平均20cmの上に直張り床暖房用フローリングという
断熱改修を今年の春に行った。

朝起きて照明のスイッチを入れて温度測定したが現在測定すると、サッシ面・壁面・天井面の温度は二十数分の間に0.5℃~1℃上昇している。床面は変化無し。

以上室温報告です。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kaitekijyuutaku.blog23.fc2.com/tb.php/29-1d177dfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。