地産地消・木の家・自然素材のエコ住宅。
地元・栃木県の木材で木造住宅でつくる工務店。太陽熱・太陽光発電など自然エネルギー利用 で環境にやさしい家づくり
プロフィール

自然エネルギー利用の修ちゃん

Author:自然エネルギー利用の修ちゃん
栃木県の工務店木の城工房㈱代表。地球環境を守るために木造住宅を提案しています。地元・栃木県産の木材で地球温暖化防止のためにもCO2排出の少ない住まい造り。
自然を愛する登山家?修ちゃんです。
栃木県・日光市・那須塩原市・宇都宮市・大田原市・那須町・矢板市・さくら市・高根沢町・鹿沼市・那珂川町



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンクリート直張りフローリング
我が事務所はコンクリートに直張り用フローリングを貼っている。
無垢材嗜好の私が合板のフローリングを選んだのは、床の高さが限定されるため直張りを選択し床暖房をいれるため無垢材を選ばずに選択した。今も直張りフローリングの上でパソコンに向かっているがスリッパを履いているが足が徐々に冷えてくる。室温19.5℃で蓄熱効果で室温はまずまずだがコンクリートに熱を奪われるため床組みの上にフローリングを張った場合と比べると足は格段に冷える。(床暖房は、未使用)
それに、やはり床が硬い。直張りだから当然であるが住宅には不向きであることを実感してしまう。やはり床の柔らかさは必要である。
後悔しない家づくりセミナーで熱伝導率の話や体感温度の話をしている私だが、やはり百聞より体感である。
静岡大学のマウスの実験でのコンクリートの箱内の子ねずみの生存率の低さが思い知らされる今日このごろである。
人は、コンクリートの上でリラックスできないし小さな子供が転倒し後頭部などを打ったら大変である。やはり木組み床で杉などの無垢フローリングに呼吸できる自然塗料を塗った床が快適である。(キズはつきやすいが)
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kaitekijyuutaku.blog23.fc2.com/tb.php/27-cb4cb8fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。