地産地消・木の家・自然素材のエコ住宅。
地元・栃木県の木材で木造住宅でつくる工務店。太陽熱・太陽光発電など自然エネルギー利用 で環境にやさしい家づくり
プロフィール

自然エネルギー利用の修ちゃん

Author:自然エネルギー利用の修ちゃん
栃木県の工務店木の城工房㈱代表。地球環境を守るために木造住宅を提案しています。地元・栃木県産の木材で地球温暖化防止のためにもCO2排出の少ない住まい造り。
自然を愛する登山家?修ちゃんです。
栃木県・日光市・那須塩原市・宇都宮市・大田原市・那須町・矢板市・さくら市・高根沢町・鹿沼市・那珂川町



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 自然環境を守る森林認証制度

植林した山が自然と呼べるのか疑問もあるが人工林が荒れてしまえば河川・海の環境が守れないことは一般に広まってきた。私の住む栃木県塩谷町玉生の人工林(杉・桧)の中を歩いても持ち主によって手入れの差がはっきりでている。最近は伐採した木を搬出するため山に道を切り開いている。伐採後道はそのまま放置されるし、植林されないところも多いので山から土が流れ、保水力も大幅に低下していそうだ。

栃木県にもSGEC森林認証の取得をした林業家、そして製材・加工する側の意識も高くなくてはいけない。県内の森林認証を教えてくれたのが有限会社田村材木店の田村部長。HPを見て私のところを訪ねてくれた。原木一本に割り振られるナンバーが末端の製材品までどう管理されていくのか今度視察にいこうと考えている。昔はあたり前に伐採、植林を守ってきたやまの営みが破壊されている現在、植林を義務ずける法律があってもよさそうなものだが。

木の家・木造注文住宅の工務店こちらから
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kaitekijyuutaku.blog23.fc2.com/tb.php/131-76d0ef24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます 【2007/02/18 01:30】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。