地産地消・木の家・自然素材のエコ住宅。
地元・栃木県の木材で木造住宅でつくる工務店。太陽熱・太陽光発電など自然エネルギー利用 で環境にやさしい家づくり
プロフィール

自然エネルギー利用の修ちゃん

Author:自然エネルギー利用の修ちゃん
栃木県の工務店木の城工房㈱代表。地球環境を守るために木造住宅を提案しています。地元・栃木県産の木材で地球温暖化防止のためにもCO2排出の少ない住まい造り。
自然を愛する登山家?修ちゃんです。
栃木県・日光市・那須塩原市・宇都宮市・大田原市・那須町・矢板市・さくら市・高根沢町・鹿沼市・那珂川町



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新聞社の倫理感は?
企業の倫理・情報公開を追及しこれでもかと追求する新聞・TV。もちろん必要なことだが、いざ自社のこととなると正反対になってしまうようだ。新聞社の社説が盗用だったりするなんてあきれ果てますよね。
昼休みにネットでニュースを見ていたら、新聞部数の水増し?のことが書いてあった。私も織り込み広告を出すときに各エリアの新聞部数を表にしたものを元に判断する。しかし、小さな集落の販売部数の最低は100部、大きなエリアのシェアから判断しても1~2部と思われるものでも100部単位。各エリア、各紙の部数は全て100部単位に切り上げられている?と思われても仕方ないような数字。大きなホテル・企業では複数部・複数紙を取っていても広告は一部しか入れないはず。正確な広告数でちらし代を払うのはあたり前だがどう見ても水増し?と私は感じて何度も広告代理店に話したが・・・。チラシの印刷も言われた部数で印刷するわけだから、あまったチラシはどこへ消えるのか?余分に印刷しているとしたら環境にも悪影響を与える問題だし確かな情報を公開して欲しいものだ。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kaitekijyuutaku.blog23.fc2.com/tb.php/127-93913498
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。