地産地消・木の家・自然素材のエコ住宅。
地元・栃木県の木材で木造住宅でつくる工務店。太陽熱・太陽光発電など自然エネルギー利用 で環境にやさしい家づくり
プロフィール

自然エネルギー利用の修ちゃん

Author:自然エネルギー利用の修ちゃん
栃木県の工務店木の城工房㈱代表。地球環境を守るために木造住宅を提案しています。地元・栃木県産の木材で地球温暖化防止のためにもCO2排出の少ない住まい造り。
自然を愛する登山家?修ちゃんです。
栃木県・日光市・那須塩原市・宇都宮市・大田原市・那須町・矢板市・さくら市・高根沢町・鹿沼市・那珂川町



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明るい窓、風景優先で大きくとってみた。
■ 開口部(窓)の大きさと熱損失
mado


私が居間まで住んでいた住宅の居間は非常に暗いところであった。陽射しが入るのは午後になってからという立地条件。田舎にも関わらず隣の壁と50㎝しかはなれていない。そんな処に住んでいたこともあってリビンングの窓は大きくとり景色を眺められる明るい部屋を望んでいた。写真はリビング被害側の窓から見た風景。結構遠くまで見渡せるし、視線も気にならない。当然窓の性能は考慮し樹脂サッシュ・LOW-eガラス。しかし、ソファーを窓際において置いた所カーテンの下部5ミリ程度の空間からコールドドラフトで冷気が降りて素足でいる足がちょっと冷たく感じる。ソファーを窓から離した配置にすると非常に快適。我が家は開口率が高い住宅である。リビングだけでいうと床面積に対して38%強の階効率である。冬はダイレクトゲインを最大限に利用し、日没からカーテン・シャッターーを閉め熱損失を極力少なくするようにしているが,開口部からの熱損失はそれでも壁と比較すると倍以上になっている。

快適な住まいは高性能住宅で初めて実現できます。高性能住宅木の城工房HPから。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
自然素材の住宅情報
自然素材の住まい・生活情報サイト。戸建購入お役立ち情報も。
【2007/01/31 15:42】 URL | 自然素材 住宅 #mQop/nM. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kaitekijyuutaku.blog23.fc2.com/tb.php/126-46279df7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。