地産地消・木の家・自然素材のエコ住宅。
地元・栃木県の木材で木造住宅でつくる工務店。太陽熱・太陽光発電など自然エネルギー利用 で環境にやさしい家づくり
プロフィール

自然エネルギー利用の修ちゃん

Author:自然エネルギー利用の修ちゃん
栃木県の工務店木の城工房㈱代表。地球環境を守るために木造住宅を提案しています。地元・栃木県産の木材で地球温暖化防止のためにもCO2排出の少ない住まい造り。
自然を愛する登山家?修ちゃんです。
栃木県・日光市・那須塩原市・宇都宮市・大田原市・那須町・矢板市・さくら市・高根沢町・鹿沼市・那珂川町



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアコンだけにたよらず快適に過ごす知恵。

機器に頼りすぎずに快適に過ごす。
快適温度とは。

 最近は、職場でも自宅や車にもエアコンが当たり前に使われています。機械の便利さに慣れきって、自然の力を利用することを忘れてしまった人が多いと思います。
 夏エアコンを付けて冷房するときも22℃など冷やしすぎの職場がたくさんあるようです。
 スカートの女性は、冷気が下にたまるために冷えすぎで体調を崩す人が非常に多くなっています。
人間は汗をかいて体温を調節しています。梅雨どきは、気温がそれほど高くなくても蒸し暑く感じて不快指数が高くなります。
これは、湿度が高い為に汗が蒸発してくれず肌にまとわりつくためです。
が蒸発するときに体から気化熱をうばってくれる為に体温の上昇を押さえられますが、汗が蒸発しないと体温があがってしまい暑く感じます。
昔から、うちわで体に風を送ると涼しく感じる事を知っていました。また扇風機で風を送っていました。エアコンで冷やしすぎに注意し27℃~28℃を目安にして生活するよう心がけましょう。
ネクタイをはずしシャツのボタンをはずすだけで2℃は、体感温度がさがるといわれています。
自然の力をうまく使って快適に過ごしましょう。

 冬の暖房温度は、20℃で快適です。(24時間暖房の場合)体温は、36℃程度ですから室内で風を感じると体温が奪われて寒さを感じてしまいます。冬は、夏と逆の効果になります。

HPも覗いてください。無料プレゼントもあるよ。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kaitekijyuutaku.blog23.fc2.com/tb.php/12-18ef5043
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。