地産地消・木の家・自然素材のエコ住宅。
地元・栃木県の木材で木造住宅でつくる工務店。太陽熱・太陽光発電など自然エネルギー利用 で環境にやさしい家づくり
プロフィール

自然エネルギー利用の修ちゃん

Author:自然エネルギー利用の修ちゃん
栃木県の工務店木の城工房㈱代表。地球環境を守るために木造住宅を提案しています。地元・栃木県産の木材で地球温暖化防止のためにもCO2排出の少ない住まい造り。
自然を愛する登山家?修ちゃんです。
栃木県・日光市・那須塩原市・宇都宮市・大田原市・那須町・矢板市・さくら市・高根沢町・鹿沼市・那珂川町



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、気密化が必要なのか?

冬暖かく、夏涼しい家をつくるために高断熱化と高気密化が必要です。気密化とは家の隙間を少なくすることをいいます。どのぐらいの隙間があるかを

C値=隙間相当面積

として現します。隙間が多いと寒いということは理解出きても、高気密というと息苦しい、夏暑いと思い込んでいる人もいるようです。息苦しい、と言うのはまったくの誤解ですし、夏暑いというのは、中途半端な断熱と日射遮蔽が良く検討されていないために暑く感じてしまうと思います。(もっとも夏晴天が続いたときに、まったく冷房・除湿せずに誰もが涼しいと感じる家というのはむずかしいですが。)

冬に室内の暖房をすると空気は膨張し壁の中や天井裏にも侵入していきます。そして、グラスウールなどの内部に侵入し外気によって冷やされ結露してしまいます。気密が取れていないと冬に必要以上の自然換気が行われ寒さの原因になり、住宅の寿命を短くする結露の発生を起こしてしまいます。

自然換気は、内外の温度差に比例して換気量が増加します。同じ隙間でも夏は内外温度差5℃程度で換気量が少なく、冬は内外温度差15℃~25℃程度になりますから夏の3倍から5倍の換気量になってしまうわけです。気密性の高い住まいは、冬に必要最低限の換気を確保し、無駄な換気を防いで快適な室内環境をつくり、結露を防ぎ家を長寿命にしてくれます。季節のいいときには窓を開け風を入れる。夏ばの夜間など外気温が低い時には外気を取り入れるため2階の窓をあけるなど自然とうまく付き合うためにも気密性能は重要です。

快適な住まい・長寿命な結露のない家づくりは高気密高断熱が最適です。快適な住まい作りはこちらを参考にしてください。



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kaitekijyuutaku.blog23.fc2.com/tb.php/107-b5ed87e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。