地産地消・木の家・自然素材のエコ住宅。
地元・栃木県の木材で木造住宅でつくる工務店。太陽熱・太陽光発電など自然エネルギー利用 で環境にやさしい家づくり
プロフィール

自然エネルギー利用の修ちゃん

Author:自然エネルギー利用の修ちゃん
栃木県の工務店木の城工房㈱代表。地球環境を守るために木造住宅を提案しています。地元・栃木県産の木材で地球温暖化防止のためにもCO2排出の少ない住まい造り。
自然を愛する登山家?修ちゃんです。
栃木県・日光市・那須塩原市・宇都宮市・大田原市・那須町・矢板市・さくら市・高根沢町・鹿沼市・那珂川町



カレンダー

01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 自然環境を守る森林認証制度

植林した山が自然と呼べるのか疑問もあるが人工林が荒れてしまえば河川・海の環境が守れないことは一般に広まってきた。私の住む栃木県塩谷町玉生の人工林(杉・桧)の中を歩いても持ち主によって手入れの差がはっきりでている。最近は伐採した木を搬出するため山に道を切り開いている。伐採後道はそのまま放置されるし、植林されないところも多いので山から土が流れ、保水力も大幅に低下していそうだ。

栃木県にもSGEC森林認証の取得をした林業家、そして製材・加工する側の意識も高くなくてはいけない。県内の森林認証を教えてくれたのが有限会社田村材木店の田村部長。HPを見て私のところを訪ねてくれた。原木一本に割り振られるナンバーが末端の製材品までどう管理されていくのか今度視察にいこうと考えている。昔はあたり前に伐採、植林を守ってきたやまの営みが破壊されている現在、植林を義務ずける法律があってもよさそうなものだが。

木の家・木造注文住宅の工務店こちらから

スポンサーサイト
東国原宮崎県知事を応援?
宮崎県知事に就任し多忙を極めるそのまんま東東国原知事。私は、知事となんの関係もないが、我が家の住まいには宮崎県産材の杉のフローリングが使われている。自然素材の家づくりを主としているので同じく宮崎県産の塗り壁材・高千穂のシラスを用いた中霧島壁やシラスとんとんなどもお奨めしている。すごい間接的だが宮城県産材を使用し東国原知事の応援をしていることになる?

あなたも宮城県産材を使用して宮崎県知事の応援をして見てはいかがでしょうか
自然素材・無垢の木の家づくりの工務店はこちらから
■ 住まい・夏を考えた開口設計
住宅の性能というと断熱性能・気密性能を考えがちだが、夏を快適にすごすためには日射遮蔽や通風計画も大切である。日射遮蔽を考えていない住まいはすごく熱い家になってしまう。防犯上や、空気環境の問題で窓を開放できない住まいもあるであろうが通風計画もたいせつである。概観重視で軒をまったく出さない住宅(デザイン住宅)も多く見かけるが夏対策は大丈夫なのか?と心配になる。
日射遮蔽を考えた住まい造りで出来るだけ,エアコンにたよらない住まいを提案する工務店こちらから

■ 住宅の快適性と省エネルギー
冬暖かく、夏涼しい、暖冷房費を節約したいと思うのはみな同じです。では、どうやってそれを実現したらよいのでしょう。
最近の高性能省エネ家電を導入しただけでは、室内の温度差は解消されません。「快適な室内環境}で、「省エネルギー」な住まいどんな設計をすればよいのでしょうか。それは「熱環境計画」が必要になります。
1


快適な夏涼しく、冬暖かい住まい造りはこちらから

新聞社の倫理感は?
企業の倫理・情報公開を追及しこれでもかと追求する新聞・TV。もちろん必要なことだが、いざ自社のこととなると正反対になってしまうようだ。新聞社の社説が盗用だったりするなんてあきれ果てますよね。
昼休みにネットでニュースを見ていたら、新聞部数の水増し?のことが書いてあった。私も織り込み広告を出すときに各エリアの新聞部数を表にしたものを元に判断する。しかし、小さな集落の販売部数の最低は100部、大きなエリアのシェアから判断しても1~2部と思われるものでも100部単位。各エリア、各紙の部数は全て100部単位に切り上げられている?と思われても仕方ないような数字。大きなホテル・企業では複数部・複数紙を取っていても広告は一部しか入れないはず。正確な広告数でちらし代を払うのはあたり前だがどう見ても水増し?と私は感じて何度も広告代理店に話したが・・・。チラシの印刷も言われた部数で印刷するわけだから、あまったチラシはどこへ消えるのか?余分に印刷しているとしたら環境にも悪影響を与える問題だし確かな情報を公開して欲しいものだ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。