地産地消・木の家・自然素材のエコ住宅。
地元・栃木県の木材で木造住宅でつくる工務店。太陽熱・太陽光発電など自然エネルギー利用 で環境にやさしい家づくり
プロフィール

自然エネルギー利用の修ちゃん

Author:自然エネルギー利用の修ちゃん
栃木県の工務店木の城工房㈱代表。地球環境を守るために木造住宅を提案しています。地元・栃木県産の木材で地球温暖化防止のためにもCO2排出の少ない住まい造り。
自然を愛する登山家?修ちゃんです。
栃木県・日光市・那須塩原市・宇都宮市・大田原市・那須町・矢板市・さくら市・高根沢町・鹿沼市・那珂川町



カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木の家・自然素材にこだわる工務店の会・快適エコ住宅研究会。
環境と住む人にやさしい住まい作りの工務店の会員さん募集しています。

兵庫県の加西市の工務店(2社目)入会されました。
兵庫県のMDホームさんが快適エコ住宅研究会に入会されました。

入会前に村田社長の家づくりに対する思いを伺ったメールの一部を紹介させていただきます。(村田社長、無断ですいません)

健康素材住宅について。
>
> 出来るだけ天然素材を使うのは言うまでもありません。
> ただ健康にしてくれる住宅というものは存在しないと思っております。
> 健康を害しない素材、また自然と共存していく上での素材一つ一つの利点・欠点を
> 理解して選定していくのが健康素材住宅だと私は考えております。
>
> 私自信、軽度ですがアレルギー体質をもっているという事もあり、
> 父の工務店で働いていた時から、いち早く取組んでおりました。
> まず、ホルムアルデヒド測定器を購入し、あらゆる場面の測定を行いました。
> その結果、気密状況、測定時間、場所などで濃度のばらつきが
> かなりあり、換気が一番有効だという事も知りました。
>
> 重度のアレルギー体質をもつお客様のリフォームも手がけた事があります。
> 普通の建材で作った部屋に入った瞬間にめまいで倒れこんでしまうような重症
> な奥様でした。全て天然素材を使うだけのリフォームは簡単なのですが、
> 現実的には予算もあり、材料の決定には困難を極めました。
> その結果、私は大きな失敗をしてしまったのです。
>
> 完成したキッチンに奥様が入られたとたん、「私、ダメ」と言って、
> 部屋から走り去られたのです。この状況にはショックで肩を落しました。
>
> 床も壁も天井も、その他の造作材も、全て天然素材で作ったのに・・なぜ?
>
> 原因は○○○のシステムキッチンでした。
> 以前から家具類の接着剤には気を使っていたのですが、
> お客様が○○○のシステムキッチンをインターネットでご覧になり、非常に
> 気に入られていた物なので、気にもとめずに使用してしまったのです。
> もちろん製品には4スターのマークが付いていましたが。
>
> その後、対処策として、システムキッチンの内部に「炭の塗料」を塗り、
> 出来るだけ換気をしてもらう事で、奥様がキッチンに立っていただける
> 状態になりました。
>
> この事例を通して、ただ天然素材を使うだけの健康素材住宅ではなく、
> お客様の事をよく理解し、材料一つ一つの説明と理解が大切だと思いました。
>
> それ以来、私自信もお客様に提案していく上で、自分で天然素材住宅を体験
> する事が大切だと思い、一昨年、杉無垢材と珪藻土、天然塗料を使って
> 自宅をリフォームしました。現在、その快適さは身をもって体感しております。
>
> ■健康素材の取り組みについて。
>
> 「古きよきもの」の見直しを考えております。
> 天然塗料、塗壁材など、最新の製品が沢山出ておりますが、
> 一例として「柿渋」など。
> 昔は柱や水廻りの道具(竹製品)に塗り、防虫、防腐、防水効果は
> 実績のあるものです。昔は各家庭で柿渋をとり、床下で寝かして
> 作り、使用していたそうです。
> 私は田舎ですので、この柿渋づくりの実験をしております。
> 去年は床下の涼しい場所が見つからなく、腐ってしまい失敗。
> 今年は農家の方にも協力してもらい、経験のあるお年寄りにも作り方
> を教えていただきながら進めたいと思っております。
> もう一つ。
> 姫路城の改修工事がされるそうなので、
> 漆喰についての研究もやりたいと考えております。
>
> ■私の目指す住宅とは。
>
> 今後の住宅のあり方考える上で、まず住宅の変遷が重要です。
> なぜ今日の問題に至ったのか?
>
>   ●昔の家は・・・
> 【利点】
> 間仕切がなく、結露が発生しない。(温度差が少ない)
> 囲炉裏などで暖をとり、家族のコミニケーションが密になる。
> 【欠点】
> 部屋の温度は低い。
> プライバシーがない。
>
>   ●今の家は・・・
> 【利点】
> 新建材を多様して、利便性、コスト性に優れる。
> 間仕切で小部屋に仕切られる為、部屋の冷暖房効果が大。
> プライバシーは守られる。
> 【欠点】
> 結露でカビやダニの発生。(温度差が大きい為)
> シックハウスになりやすい。
> 小部屋であるため、家族のコミニケーションがとれない。
>
>
> シックハウスの問題は経済成長と石油ストーブの普及に比例する形で増加。
> 室内温度を上げる為に小部屋に間仕切られ石油ストーブが普及。結露により
> かび、ダニが発生。建材の合理化で新建材が普及し、シックハウスが増加。
>
> 私は間仕切を出来るだけ排除し、昼夜、各部屋ごとの温度差ができない
> 高断熱の住宅で、家族が触れ合える快適な空間づくりを目指しております。
>
> ただ間仕切を排除すると、プライバシーが損なわれる問題が出てきます。
> しかし、プライバシーを守ることは、家族間で人間形成をして行く上で重要でしょうか?
> プライバシーは家族関係が悪くなるほど、よりプライバシーが協調されるものであり
>
> オープンな関係であるほどプライバシーは重視されません。
> 私も小さい子を持つ親として、子供が成長して行く上で、たいへん重要な問題です。
>
> もちろん私と妻は、子供とオープンな関係でありたいと思っております。
> 家は人間関係(家族関係)を形成する舞台であり、間仕切は家族関係の隔たり
> になりかねません。かつて暖炉を囲む家族団らんの場で、寒いと人は感じたでしょうか?
> 快適さと合理化を追求し、間仕切が設けられた結果、カビ、ダニ、シックハウス、
> 青少年の発育障害を生んだのだと私は思います。
>
> この過去の反省をもとに
> ①健康を害しない天然素材と環境にも配慮した素材の選定
> ②間仕切を必要としない快適な住空間を作る為の工法
> を、セットで考えていく必要性があると私は思います。

というメールの内容です。快適エコ住宅研究会では、真剣に家づくりをしている工務店さんで家づくりの考え方が会に沿った方だけ入会いただいています。

誤解の無いように書き添えますが、○○○のシステムキッチンが特別有害物質の揮発量が多いわけではありません。内装を自然素材で仕上げると、新建材を使っている下駄箱、システムキッチンなど(フォースターのものでも)の臭いが鼻についてきます。化学物質過敏症の方はごく微量でも症状が出てしまうらしいです。(もちろん、どの物質に反応するのか様々です)
>

兵庫県の天然素材で家づくり、MDホームさんのご紹介でした。快適エコ住宅研究会では会の趣旨に賛同してくれる工務店さんの入会をお待ちしています。入会の希望はこちらから
>



スポンサーサイト
アレルギーの方、掃除の仕方大丈夫?
昨日に続きハウスダストの続きを福島県郡山市の大木実一級建築士事務所の大木さんのブログから。
いままでフローリングはダニが少ないと考えていたのでちょっと驚きでした。

ハウスダストとは その2
「NHK ためしてガッテン」2005年5月11日放送内容から、本日も続けてご紹介。

「恐怖のダニ実験」
人間がどのようにしてダニを吸い込んでいるか、畳に5000匹のダニを放し畳で繁殖させたのちに実験しました。2週間経過したところで空気の成分を調べた結果、ダニの死がいやふんが大量に漂っていることが判明。ダニは空中を死がいやふんが漂うことが最大の問題だったのです。
さらによく調べると、ダニの死がいやふんは床上30センチ以内のところに最も多く漂っていることが分かりました。(ベッドの場合は布団から30センチのところ)これによって、ハイハイしている赤ちゃんや、寝ている状態の全年齢の人達が、ダニを最も吸い込みやすい状態であるということも分かりました。人間は寝ているとき、頻繁に寝返りをうって、ダニの死がいやふんを舞いあげています。睡眠中ひと晩に100分間は、ダニの死がいやふんを吸い込んでいるということも分かりました。

この続きはこちらから

レルギー・シックハウスのない住まい作りのご相談は快適エコ住宅会員の設計事務所・工務店からどうぞ。こちらから。

ハウスダスト・アレルギーの原因
家づくりの情報提供をしている快適エコ住宅研究会の福島県郡山市の大木一級建築士事務所のブログ・ハウスダストが大変参考になったのでご紹介します。

ハウスダストとは
ハウスダストとは、空気中に存在する肉眼では、ほとんど見えない小さなホコリ事を指します。この、ハウスダストは、チリ・ホコリ・ダニの死骸・ダニのフン・繊維クズ・花粉や胞子・たばこの煙粒子・・・・などなど紹介しきれないほど沢山の種類が有りますが、最近、アレルギー症状や、花粉症ぜんそく等の症状の原因では無いか?と言われています。最近の高気密な家の構造によってハウスダストの発生が大幅に増えたことが原因ではないでしょうか。
続きはこちらから

ハウスダスト、アレルギーの原因物質・アレルゲンと言われています。
快適で健康的なライフスタイル、持続可能な出来るだけロハスな生活を提案する快適エコ住宅研究会はこちらから


エコ建材店の夢通信が届く。
健作夢通信
Scan10059HP.jpg
エコ建材・「はいからさん」などの販売をしている島根県雲南市の大島建材店・大島健作さんの似顔絵の入った健作夢通信が届きました。
本物よりちょっと可愛く書いてあります?
行動派の大島さんの仕入れた情報や自然素材・環境にやさしい家づくりの工務店さんの情報が満載です。
エコ建材に興味がある方はブログHPを参照してください="all">
快適な住まい、エコ素材で造る木の家の工務店さんの会仲間を募集しています。(無料)興味がある方は快適エコ住宅研究会HPへ
断熱の注意点
断熱の注意点
20060221223755.jpg

20060221223730.jpg

基礎断熱しない場合の注意点はユニットバス廻りの断熱です。なぜか今日は写真がUPできないので解りづらいと思いますがユニットバスバス周りに荷は10cm程度の隙間が床下とつながってしまうことが多いです。(きっちり施工している会社もあります)床下からユニットバス周りの空間天井裏とい冷たい空気が自由に出入りしてしまいます。断熱は害壁面だけの厚みだけで判断すると失敗します。断熱が連続しているか、気密性能がでているのか確認する必要があります。断熱材の厚みだけで次世代省エネ基準、新省エネ基準だと言っている場合もありますので基礎断熱していない場合はチェックすることが必要です。

快適な住まい作りは正しい断熱から。
木の城工房の快適住宅はこちらから

福島県・木の家にこだわる工務店さん入会。
20060220064619.jpg

福島県西白河郡西郷村熊倉の(有)森工務店さんが快適エコ住宅研究会に入会。
昨日、森工務店社長の森さんが快適エコ住宅研究会を来訪されました。快適エコ住宅研究会の活動の説明をさせていただき森工務店さんのお話をうかがいました。森工務店さんは高気密高断熱住宅の住宅造りもファースの家・スーパーシェル工法・ハイブリッドソーラーハウスなどで経験が豊富。地場産の木にこだわり八溝山系の杉・地松などを使用、家づくりのセミナー開催など快適エコ住宅研究会の会員として最適の工務店さん。これまでの家づくり、視察や・勉強会に参加した話をうかがうとかなりの勉強家で行動派です。
今後の活動が期待される工務店さんです。

福島県が小冊子の無料配布エリアになりました。福島県で快適エコ住宅を作りたい方は森工務店さんのHPを参考に。
他県の方は、快適エコ住宅研究会HPを参照ください。
地球シュミュレーター。地球温暖化被害の予測
20060219074226.jpg

二酸化炭素増加予測

地球温暖化で将来どんな影響が出るのかを予測できるそうだ。スーパーコンピューターを何台も連結使用し脅威のスピードで計算するらしい。
その名も地球シュミュレーター。地球全域の現在の気象データーを入力してあり二酸化炭素濃度の変化の数値をいれると地球規模での気象を予測できるというもの。

すでに、ブラジル東岸で発生した温帯低気圧(台風のようなものが今まで発生した記録がない温帯で発生)のすごい被害を出したらしいが、これを予測していた。当初、地球シュミレターの誤報?と考えられた海域での発生を正確に予想していたらしく、皮肉にもこれで地球シュミュレターの正確さが実証されたらしい。

二酸化炭素量が今のスピードで増加すると地球はとんでもないことになるらしい。ヨーロッパやニューヨークでも熱波で亡くなる人の予測が45倍・47倍とすさまじい予測。日本でも九州・四国で雨量が70%も増加し
カトリーナ級の台風が上陸する予測も出ていた。夏が長くなり、冬は短くなる。豪雨が多くなり、自然災害が激増する。逆に東北地方では年間雨量が減少するが豪雨は増えるという予測。
かなり地域ごとの細かい変化も予測できるようだ。
もはや、他人事でない地球温暖化問題。私はあと40年ぐらいの命だが今生まれ手いる子供は過酷な気象を目の当たりにすることになってしまいそうだ。

環境と住む人にやさしい家づくりは快適エコ住宅研究会HPを参照。
サッシュの結露。無結露の住宅ができる?
身近な熱伝導の例として、冬のアルミサッシュの結露があります。
外気の冷たい気温にアルミサッシュが影響を受けて冷やされ、室内の水蒸気が熱伝導で冷やされたアルミの部分で露点温度(結露が発生する飽和温度)になって結露が結露が発生するのです。単板ガラスの面の結露も同じように、外気の熱伝導で室内のガラスが冷やされ露点温度になって起こる現象です。この現象を防ぐために熱伝導率の低い木製サッシュ(北欧ではほとんど木製サッシュ)、樹脂サッシュを使うと結露の可能性はほとんどありません。木製サッシュより熱伝導率の高い樹脂サッシュでもアルミの1000分の1程度の熱伝導率です。結露ももちろんですが熱損失も大きな違いになります。

家を短命にする原因・結露をなくし快適な住まい造りは、断熱性の高いペアガラスやトリプルガラスと木製・樹脂サッシュの使用で実現できます。

長寿命で環境にやさしい快適な住まいは地元の工務店で。
詳しく知りたい方はこちらから
気密化すると息苦しい?(住宅の高気密高断熱)
気密化した住宅が息苦しいというのはまったくの誤解です。
気密化の大きな目的の一つは、計画的に室内の換気を行うために必要なのです。高気密にしても換気装置を取り付けてしまえば、吸気口という大きな穴が開きますから、この吸気口を閉めないかぎり室内の気密性能は大幅に下がることになります。また、気密化は窓の存在を無視するものではありませんから、気候の良いときには窓を開けて換気をすることが出来ます。気密化の目的は、冬の寒いときに窓を閉めても綺麗な空気を計画的に24時間休みなく、機械換気装置で休みなく室内に入れ、しかも、暖房効率を下げないで喚起するために気密化するのです。隙間が多いと寒いときに必要以上の換気が行われて熱損失が大きくなってしまいます。

快適な住まい作りは、快適エコ住宅研究会会員から
なぜ、気密化が必要か
自然換気ってどうなの?気密住宅って?

住宅を断熱する場合には、気密化も同時に行う必要があります。
断熱した居室内で暖房装置を運転した場合、室内の空気が膨張します。断熱だけが十分でも気密が不十分だと膨張し露気した空気に混じって室内の水蒸気が壁内に入り、繊維系断熱材の中に入り外気に冷やされて結露してしまいます。
住宅の空気質が悪くなると言う理由から気密化を嫌う業者もいますが、24時間の機械による計画換気が義務づけされています。
ホルムアルデヒドやVOC(揮発性有機化合物)を極力発散させない材料を使うことは元より、計画的な換気により食う気質の保全が必要です。気密住宅にした場合は、室内を一年中締め切って使用しなければならないという誤った概念を捨て、季節の良いときは遠慮する必要はありませんので窓を全開しても差しつかえありません。
暖房や冷房したいときに、気密が不十分だと熱ロスになりますし結露の原因になってしまいますということです。

自然換気は理想ですが、室内外の温度差が多いくなればなるほど自然換気量は増えてしまいます。夏場は室内外の温度差が少なく換気量はわずかで、冬の寒い時に換気量が増えてしまうのが自然換気なのです。
私も昔は自然換気派でしたがこのことを知り自分の間違いに気づきました。締め切りたいときにピッチリと隙間なく出来る家、そして開けたいときは解放できるの家が理想だと思いませんか。

快適な住まいづくりはこちら、快適エコ住宅研究会から。
木の家・自然素材・快適な家づくりの工務店募集
木の家・自然素材の家づくり、高気密高断熱など高性能な快適な住まいづくりの工務店を募集

快適エコ住宅研究会では埼玉県・東京都・神奈川県・静岡県・長野県・山梨県・岐阜県・福島県・新潟県・宮城県・秋田県・岩手県・山形県・青森県・北海道・富山県・滋賀県・京都府・三重県・和歌山県・奈良県・大阪府・取鳥県・島根県・広島県・山口県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・大分県・宮崎県・熊本県・鹿児島県・沖縄県のまじめな工務店を募集しています。上記以外の県の県の方でもエリアがダブらない場合は入会可能です。快適エコ住宅HPを参照の上ご連絡ください。会の趣旨に合わない方の入会はお断りする場合もあります。HPかブログを開設していることまたは開設を条件になります。

興味がある方は快適エコ住宅研究会HP、こちらよりメールでお願いします。

石川県、後悔しない家づくりの小冊子無料配布エリアに。
石川県金沢市・もっこう館。快適エコ住宅研究会入会。
新入会員さんのご紹介です。北陸で始めての会員さんです。

地元、石川県産材のこだわり工務店さんです。HPからちょっと拝借しました。

住まいの安心を支える構造・強度
頑丈な基礎、丈夫な構造材で、ご家族の暮らしを守ります。


見えないところに確かなつくり


■“適材適所”土台・柱すべて石川県産材(杉・能登ヒバ)
 近年、プレハブ住宅が大勢を占める中、あえてもっこう館が木の家造りにこだわるには理由があります。それは
 北陸の高温・多湿の気候にあわせた微妙な伸縮加減が可能な木材こそが、石川の気候風土に最適な素材だ
 と確信しているからです。高い耐久性と耐震性を根っこから支えるためにもっこう館の柱には、全て厳格な基準
 をクリアした石川県産材の乾燥材だけを使用しています。


■土台は能登ヒバ、柱は杉のオール4寸角
 もっこう館では全ての柱に4寸角の石川県産材を使用しています。住宅金融公庫基準(3.5寸)の1.2倍の
 大きさ。通常使用する柱よりもひとまわり大きい柱を使うことで耐久性を高め、お客様の大切な暮らしを末永く
 守ります。


もっこう館は、金沢市の支援制度<新木の家づくり奨励金>
(県産材柱50本以上使用)限度額25万円が適応されます。




続きはもっこう館・アトラス株式会社HPで。

石川県には以前努めていた会社で、公共工事のサッシュ検査で三協アルミの工場へ行った後に兼六園などによったことがあります。氷見で食べた魚が美味しかった(富山?)。片山津温泉の夜は楽しかったです。もう、20年以上前の話です。富山県・石川県の地名がいまいち記憶があいまいですいません。

木の家・自然素材のエコ住宅でエコライフをしたい方は、こちらから




木の家・自然素材の地熱住宅。
快適エコ住宅研究会香川県会員・ワンダーハウスさんのHPが立ち上がりました。

まだ工事中の所もあるようですが、社長が自分で作っているHPだそうです。独自理論で地熱利用・太陽熱利用の木の住まいを提案しています。社長のこだわりがたくさん詰まっているホームページですのでぜひご覧になってください。ちょっとだけHPの内容を紹介します。

四国の森で育った無垢の木の家に住んで見ませんか。

森は私たちに様々な恵みをもたらしてくれます。新鮮な空気、清らかな水、人々が生きるうえにかかせないものをそっと与えてくれます。
もし森がなくなればどうなるのでしょう。
わたしはそんなありえないことを考えたことがありませんでした。
森がなくなるなんてありえない!
自分の意識の中で感じたくない言葉です。
意識の中で感じても自分になにができるのでしょう。
でも本当に森がなくなれば大変です。


無理せずに森がなくならないよう参加できたらいいですね。
まず地元の森から参加してみませんか。

ワンダーハウスさんのHPはこちらから





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。