地産地消・木の家・自然素材のエコ住宅。
地元・栃木県の木材で木造住宅でつくる工務店。太陽熱・太陽光発電など自然エネルギー利用 で環境にやさしい家づくり
プロフィール

自然エネルギー利用の修ちゃん

Author:自然エネルギー利用の修ちゃん
栃木県の工務店木の城工房㈱代表。地球環境を守るために木造住宅を提案しています。地元・栃木県産の木材で地球温暖化防止のためにもCO2排出の少ない住まい造り。
自然を愛する登山家?修ちゃんです。
栃木県・日光市・那須塩原市・宇都宮市・大田原市・那須町・矢板市・さくら市・高根沢町・鹿沼市・那珂川町



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



リンク



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

省エネ住宅のお勉強。
■ 省エネルギー住宅のセミナー参加してきました。
昨日、財団法人建築環境・省エネルギー機構の省エネルギー住宅の設計・施工技術講習に参加してきました。宇都宮市のコンセーレで開催されました。講師のツーベアホーム〈宮城県仙台市)の熊谷さんは高性能住宅だけを手がける方です。話の中に技術・知識・経験を感じさせるものがあります。私もそれなりに勉強して実践しているがツーベアホームさんと比べるとまだまだ。現在Ⅱ地域の次世代省エネ基準をお奨めしていたが、やはり北海道仕様のⅠ地域の性能が望ましいと実感したセミナーでした。もう少し専門的な中身を期待していたのだが、住宅業界全体の住宅性能底上げのためのセミナーなのでしょうがないところ。

全館暖房で結露・ヒートショックの無い住まい造りはこちらから
スポンサーサイト
なぜ、気密化が必要なのか?

冬暖かく、夏涼しい家をつくるために高断熱化と高気密化が必要です。気密化とは家の隙間を少なくすることをいいます。どのぐらいの隙間があるかを

C値=隙間相当面積

として現します。隙間が多いと寒いということは理解出きても、高気密というと息苦しい、夏暑いと思い込んでいる人もいるようです。息苦しい、と言うのはまったくの誤解ですし、夏暑いというのは、中途半端な断熱と日射遮蔽が良く検討されていないために暑く感じてしまうと思います。(もっとも夏晴天が続いたときに、まったく冷房・除湿せずに誰もが涼しいと感じる家というのはむずかしいですが。)

冬に室内の暖房をすると空気は膨張し壁の中や天井裏にも侵入していきます。そして、グラスウールなどの内部に侵入し外気によって冷やされ結露してしまいます。気密が取れていないと冬に必要以上の自然換気が行われ寒さの原因になり、住宅の寿命を短くする結露の発生を起こしてしまいます。

自然換気は、内外の温度差に比例して換気量が増加します。同じ隙間でも夏は内外温度差5℃程度で換気量が少なく、冬は内外温度差15℃~25℃程度になりますから夏の3倍から5倍の換気量になってしまうわけです。気密性の高い住まいは、冬に必要最低限の換気を確保し、無駄な換気を防いで快適な室内環境をつくり、結露を防ぎ家を長寿命にしてくれます。季節のいいときには窓を開け風を入れる。夏ばの夜間など外気温が低い時には外気を取り入れるため2階の窓をあけるなど自然とうまく付き合うためにも気密性能は重要です。

快適な住まい・長寿命な結露のない家づくりは高気密高断熱が最適です。快適な住まい作りはこちらを参考にしてください。




省エネ給湯・エコジョーズ
高効率ガス給湯器 ・ECOジョーズ(エコジョーズ)
エコジョーズ・ガス給湯器で従来の機種より15%ほど熱効率がUPし、従来品が80%に対しエコジョーズは95%の熱効率(機種により変動あり)になっている。これは給湯時の数値なので追い炊きを含めるとガス代が単純に15%削減できるわけではないが年間で10%程度の削減にはなるようだ。給湯器の価格はまだ高めであるが10年間働いてくれるとすればコストは合うようだ。(ガスの購入価格による)。従来品と比較しトータルコストが合い、環境にやさしいガス給湯器エコジョーズ、ガスでお考えならエコジョーズがお奨めである。エコジョーズ参照
ガスの価格も石油の値上がりに連動し昨年は価格が上がったようである。(今後下がりそうな気配である。)一般にアパート・マンションのガス料金は高めである。これは、ガス業者がボイラー・ガス配管を無料で設置・リースで貸し出し、その料金がガス料金に跳ね返っている場合が多い。(リース期間中はガス業者を変更できない。)住宅でも住宅会社は、標準をガス給湯のリースとし坪単価を安く見せたり、給湯器は別途工事だったりするようだ。ガス配管・ガス給湯器は有料で施工してもらいガス会社は、基本料金・立米単価を確認し納入を依頼するのがよいでしょう。もし、ガス料金が高いと思う場合は自由に変更できます。

ガス・灯油・電気と選択できる給湯やコンロ。光熱費の比較・それぞれの長所・欠点。給湯器の買い替え費用などを総合的に判断し決定してください。

環境と住む人にやさしい住まい作り、木の家自然素材でのエコハウスは快適エコ住宅研究会HPを参考に。こちらから。

エコ建材店の夢通信が届く。
健作夢通信
Scan10059HP.jpg
エコ建材・「はいからさん」などの販売をしている島根県雲南市の大島建材店・大島健作さんの似顔絵の入った健作夢通信が届きました。
本物よりちょっと可愛く書いてあります?
行動派の大島さんの仕入れた情報や自然素材・環境にやさしい家づくりの工務店さんの情報が満載です。
エコ建材に興味がある方はブログHPを参照してください="all">
快適な住まい、エコ素材で造る木の家の工務店さんの会仲間を募集しています。(無料)興味がある方は快適エコ住宅研究会HPへ
木の家・自然素材・快適な家づくりの工務店募集
木の家・自然素材の家づくり、高気密高断熱など高性能な快適な住まいづくりの工務店を募集

快適エコ住宅研究会では埼玉県・東京都・神奈川県・静岡県・長野県・山梨県・岐阜県・福島県・新潟県・宮城県・秋田県・岩手県・山形県・青森県・北海道・富山県・滋賀県・京都府・三重県・和歌山県・奈良県・大阪府・取鳥県・島根県・広島県・山口県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・大分県・宮崎県・熊本県・鹿児島県・沖縄県のまじめな工務店を募集しています。上記以外の県の県の方でもエリアがダブらない場合は入会可能です。快適エコ住宅HPを参照の上ご連絡ください。会の趣旨に合わない方の入会はお断りする場合もあります。HPかブログを開設していることまたは開設を条件になります。

興味がある方は快適エコ住宅研究会HP、こちらよりメールでお願いします。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。